ビジュアルウェブとは? ブランドマーケターの見解

今や、デジタルマーケティング業界の全員がビジュアルマーケティングの価値を理解しています。写真をウェブサイト、デジタルマーケティング資料、ソーシャルメディア戦略に取り入れることで、エンゲージメントを高め、インターネット上のシェアを増加させることができます。研究によると、人間は、文字と比較して視覚情報を6万倍早く処理でき、視覚情報は人間の学習能力を最大400%向上させると言われています。

実際のところ、ビジュアルウェブとはどういったものなのでしょうか。 ソーシャルネットワークから生まれたのでしょうか。 モバイルの利用によって広まったのでしょうか。 それとも広告主がバナーブラインドネスへの対処策として生み出した概念なのでしょうか。 これらすべてが当てはまると言えますが、それだけではありません。

ビジュアルウェブの広がり

ビジュアルウェブが「メディアや広告のすべてを変える」という主張はよく聞かれることです。昨年の夏、ホワイトハウスがこれまで禁止されていた見学ツアー中の写真撮影やセルフィー(自撮り)を許可し、規則を変更したことで、このメディアのコンセプトは確実に浸透したと言えます。ハーバード大学のチーフデジタルオフィサーはこの出来事について、「あらがうことのできない現象です。私たちは、ビジュアルコンテンツを使用し、さまざまな声をブランドの語り手として活用するべきだと事あるごとに主張していますが、ホワイトハウスはまさにそれを実行しています」と述べています。

ブランドが耳を傾けはじめているようです。リサーチ会社であるeMarketerの最近の報告書によると、マーケターの90%が、ビジュアル要素は「日々のマーケティングにとって重要」だと考えており、70%近くが「非常に重要」だと考えていることがわかりました。 今後6か月およびそれ以降のプランについては、74%が動画の使用を、71%がオリジナル写真の使用を検討しており、ブランドマーケターのおよそ62%が自社のマーケティングプログラムにより多くのストック写真を統合すると回答しています。

これらの回答の大部分は、インターネット上で消費者とつながりを持つために画像が効果的であるという考えに基づいています。たとえば写真を使用したTwitterの投稿は、テキストのみの投稿と比較すると35%以上多くのリツイートを獲得しています。

ビジュアルウェブの費用効果

一部では、ビジュアルウェブは2013年以来、「10億ドル規模のトレンド」となってきているとも言われています。これは主にInstagram、Pinterest、Tumblrなど、画像ベースのソーシャルサイトによるものです。

ソーシャルメディアは、ビジュアルウェブのすさまじい発展に確実に貢献しています。Facebookを見れば、一目瞭然です。写真や動画だけでなく、ソーシャルネットワークはステッカー(FacebookやFacebook Messengerの利用者が近況やコメントを投稿するときに使用したり、チャットで友人に送信したりする画像やアニメーション)にも大きく依存しています。

人気の高さに後押しされ、Facebookは広告業者と提携して、映画やブランドのカスタムステッカーを作成するまでになっています。2013年に、FacebookはUniversal Pictureの「怪盗グルーのミニオン危機一発」を使った最初のブランド用ステッカー集を出し、以来、同じサービスをLEGOやモバイルゲーム(Candy CrushやCut the Ropeなど)向けにも提供してきました。

実際、ビジュアルウェブにはブログ、ソーシャルネットワーク、モバイルサイトなどのさまざまな形態があります。それぞれの形態がビジュアルコンテンツのホストチャネルとして非常に適しているためです。

今年のはじめに、このソーシャルネットワークでEMEA地区のリーダーを務めるニコラ・メンデルゾーン氏が、ステッカーについて次のように説明しています。「これは次世代の「LOL」と考えてください。言葉の代わりに、画像で相手に気持ちを伝えることができます。」 つまり、このようなデジタルステッカーを使うことで、消費者はテキストを使わずにコミュニケーションを交わし、ポップカルチャーを使って会話を楽しめます。

ウェブアニメーションの台頭に関する話題の中で、メンデルゾーン氏は、誰もが毎日接する絶え間ないメディアの流れと消費者の「すさまじい」生活ペースが果たす役割にも言及しています。オンラインで注目されるために、多くの企業は画像の代わりに文字で情報を伝えることがほとんどですが、数秒で見られる画像によって効果的にメッセージを伝えられれば、ブランドはより多くの情報を潜在的顧客に提示できます。絵文字人気は、その典型例です。Pizza Hut社は、この秋のハロウィーンの際に、Twitterへの投稿にテキストではなく絵文字を使用することにしました。これにより、ハロウィーンにはピザがぴったりだというメッセージが明確に、しかも瞬間的に伝わりました。このシンプルな戦略で、Pizza Hutは160件を超えるリツイートを受け、500件近くも「いいね!」されました。ビジュアルコンテンツが「1口サイズ」と呼ばれるのには、もっともな理由があります。はるかに消化しやすいからです。

ビジュアルウェブへの見解

マーケターはそろってビジュアルウェブに投資していますが、ビジュアルウェブの定義は会社によって異なります。イメージベースのデジタルマーケティングプラットフォームであるGumGumが実施した最近の調査によると、米国ブランドの26%が、ビジュアルウェブとは「スマートフォンのカメラと写真共有サイトの利用の増加により発生したソーシャルメディア現象」だと考えているのに対し、19%は「モバイル利用と表示画面の縮小に対応するユーザーへのサービス」だと主張しています。また、ストーリーを語ることを好むという人間の共通点や、ネイティブ広告、データ分析、検索に由来するものとする意見もありました。

さらに興味深いことに、55%以上のマーケターが、上記のすべてが当てはまると考えています。

実際、ビジュアルウェブにはブログ、ソーシャルネットワーク、モバイルサイトなどのさまざまな形態があります。それぞれの形態がビジュアルコンテンツのホストチャネルとして非常に適しているためです。マーケターによってビジュアルウェブの定義は異なるようですが、その重要性に関しては意見が一致しています。

この点については、はっきりしています。

詳細をご覧ください

赤で示されたフィールドは必須または無効です

ありがとうございました。

リクエストを受領しました。専門知識を持つ担当者からご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。