いつまでも印象に残るマーケティング動画を制作する

今後、そう遠くないうちに、1か月間に全世界のIPネットワークを行きかう動画コンテンツの量が、1人の人間が500万年かけても視聴しきれないほどにまで増えると考えられています。つまり、1秒に100万分間の動画が再生されるようになるわけです。

動画コンテンツのこの途方もない成長の量とスピードに、ブランドが追いついていくのは無理だと思うかもしれません。しかし、実際問題として消費者は、オンラインビジネスにおいて動画は必要不可欠なコンテンツだと考えるようになっています。こうしたニーズに応えるためには、すでに動画コンテンツ制作チームを抱えている場合も、これから新たに動画の世界に足を踏み入れようとしている場合でも、これからご紹介する重要なポイントが、競争の激しい動画市場で一歩先をゆく手助けとなるでしょう。

ブランドロゴアニメーションを作成

ウェブ上の動画の人気がこれまでに増加しています。事実、Facebookのユーザーがニュースフィードで動画を視聴する割合は、2014年と比較して360%増加しています。動画が再生されるページがどこであろうと、ウェブ上で共有される動画コンテンツでは、動画の作り手が誰なのかを視聴者に明確に伝えることが重要です。簡潔でわかりやすいロゴアニメーションを作成して動画の始まりと終わりに表示しましょう。優れたロゴアニメーションは35秒程度の長さで、ブランド名や企業のロゴを目立つように表示しています。マーケティング情報から販売促進のコンテンツまで、さまざまな種類の動画のどれに追加しても、違和感のないような使いやすいロゴアニメーションを作成しましょう。

eコマース販売で製品ページに動画を取り入れたとしても、動画がそのページに掲載されている製品説明を繰り返すだけなら、動画を追加する意味がありません。

クロスチャネルの活用

バイラルのYouTubeアカウントを構築できる可能性がないという理由から、多くのブランドが動画コンテンツへの投資に消極的になっています。その判断は正しいと言えるかもしれません。しかし、これまでに幾度も動画コンテンツにより確実なROIを得た経験のあるブランドは、動画をただの孤立したチャネルではなく、マーケティングの重要な施策の1つと捉えています。新たなマーケティングキャンペーン、製品のリリース、セールスプロモーションの各プランニングの段階で、目標達成と新規顧客の獲得に動画コンテンツをどう役立てることができるのかを検討してみてください。

付加価値の重要性

クロスチャネルを検討中で、幅広いマーケティング活動に動画を取り入れるつもりなら、ユーザーに明確な付加価値を提供できる動画が必要になります。eコマース販売で製品ページに動画を取り入れたとしても、動画がそのページに掲載されている製品説明を繰り返すだけなら、動画を追加する意味がありません。しかし、それが、実際に製品が使用される様子や利用者の声を伝えたり、製品のさまざまな利用法を具体的に見せる動画であれば、ユーザーはより多くの情報を得られることになります。会社のリソースを動画制作に充てるなら、さらなる価値を引き出し、写真や文字のコンテンツでは得られない情報を視聴者に与えられるようにするべきです。

モバイル向けの最適化

モバイルによる動画視聴の割合は増加し続けており、スマートフォン利用者の3分の1以上が、スマートフォンで長編動画(長さ5分以上)を毎日視聴しています。そのため、モバイルでシームレスに動画を楽しめるように、動画のファイルサイズとエンコード設定を最適化することが重要です。また、作成したロゴアニメーションが小さめのモバイル画面でも判読できるかどうかを再度確認する必要があります。

削減、再使用、再生利用

動画によるプロモーション戦略を成功に導く鍵となるのが、次の3つの原則です。

  • 削減: 1年に制作する動画プロジェクトの数を減らして、四半期単位のキャンペーン向けの長編動画数本に絞り込む。
  • 再使用: 長編動画の個々のセグメントを再使用して、素材の個々の要素を活かしたり、小規模な試みを実行に移してみる。
  • 再生利用: 馴染みの深いロゴアニメーションや動画フォーマットを再生利用することによって、視聴者にすぐに気付いてもらえるようにする。

詳細をご覧ください

赤で示されたフィールドは必須または無効です

ありがとうございました。

リクエストを受領しました。専門知識を持つ担当者からご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。