「本格的」は、ただの流行りのフレーズではありません

私たちは、 自分が「信頼できる存在」であると考えるものです。

ブランドやアイデアを表現する場合も、「本物」で「信頼できる存在」であることが成功の鍵となります。ブランドのメッセージを忠実に伝えるために、私たちは言語の選択や最適なビジュアル選びに頭を悩ませていますが、「信頼できる存在」とは実際に何を意味し、どうすれば信頼に値することを消費者にわかりやすく伝えられるのでしょうか。

創造性や共感を生み出すことにおいては、さまざまな業界やメディアで活躍するインスピレーションあふれる制作者、ビジネス、代理店が数多く存在します。ここでは、信頼できる企業になるための基本をまとめていますので、より多くの信頼を得るためのヒントとしてご活用ください。

今すぐ「本物」を目指す

ビジュアルを使ってストーリーを伝える手法は決して新しいものではありませんが、ストーリーを表現して幅広いターゲットと共有する機会は、かつてないほどに広がっています。ただし機会が広がれば広がるほど、それに伴う課題も生じます。特に現在ではスマートフォンの普及により、大人から子供まで数多くのユーザーがストーリーを発信するようになっています。10才の子供が当たり前のように生活の瞬間を切り取り、InstagramやSnapchatなどのソーシャルプラットフォームで日々の記録を公開しています。彼らは文脈に合わせて適切な言葉を選び、伝えたいストーリーに適したレイアウトを選択することもやってのけます。

こうした視聴者の興味をとらえ、かつ関心を集め続けるのは決して簡単なことではありません。テクノロジー好きの将来有望な若者たちは、影響力を持ち、優れたデザインや創造性を直観的に見極めることができます。それでは、どうすれば興味を引き続けることができるのでしょうか。 その答えは、 「 信頼できる存在になること」です。

常に時代に対応し、信頼のおける本物であり続けるには、リスクを冒して挑むことが不可欠です。

デジタル広告でも、紙のパンフレットでも、ロゴデザインからイラストや写真にいたるまで、使用するビジュアルはすべて、人々が共感できる具体的な体験を反映した素直な表現である必要があります。完璧な現実を訴えるような画像から離れてみてください。理想よりも、現実の不完全で混乱した生活のほうがはるかに面白く、魅力的であるはずです。

「信頼性」が共感を呼ぶ

同様に、SEOやクリックを誘導する見出しなどのマーケティング戦略よりも、現実に根差したストーリーが結果的に人々の心をとらえるものです。Volvoのライフペイントキャンペーンがその良い例です。Volvoのキャンペーンが優れている点は2つあります。 まず1つ目は、現実に多発している自転車事故の問題を取り上げ、自転車に乗る人々がより安全に道路を走ることができるような効果的なソリューションを開発したことです。2つ目は感情に訴えた点です。人々は自転車で事故にあった人に共感することで、ストーリーに引き込まれます。Volvoは映像、専門家の言葉、製品の使用感などを通して、製品が信頼に足るものであることを伝え、顧客の共感を引き出すことに成功しました。

リスクを伴う挑戦

個人の生活にさまざまな変化があるように、企業がリスクを冒し、現状打破に恐れず挑むと、その姿勢が「信頼できる」という評価につながります。プロのクリエイターや革新的な企業は、新鮮で、粋で、説得力のあるモノの必要性を認めることが重要です。ブランドは、意外性のある挑戦に出たときに、その真価が評価されます。常に時代に対応し、信頼のおける本物であり続けるには、リスクを冒して挑むことが不可欠です。

独創性あふれるクリエイターであるシュテファン・サグマイスター氏やジェシカ・ウォルシュ氏ジェームズ・ヴィクトーレ氏がまさにそうです。この3人は、既成概念の枠を超え、実験し、時には挑発することに情熱を注いでいます。あなたにとっての「本物」と、彼らの「本物」はかけ離れて見えても、あえて同じ情熱で活動するよう努力してみましょう。この欲求とリスクを冒してた挑戦は本物です。それが視聴者の心を打ち、信頼へとつながります。

企業のミッションとアクションの連携

何より、本物との評判を獲得する必要があります。無限とも思える購入オプションをクリックやタップで簡単に選択できる時代だからこそ、消費者は、話から真実味が伝わってくる企業、ひたむきにミッションを伝える企業に引き付けられる傾向があります(特にそのミッションが単に利益を求めているだけではない場合)。つまり、ロイヤリティや顧客との信頼関係の醸成(言葉どおりに行動し、行動は隠さず言うこと)がポイントです。

詳細をご覧ください

赤で示されたフィールドは必須または無効です

ありがとうございました。

リクエストを受領しました。専門知識を持つ担当者からご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。